兵庫県西宮市内科・消化器内科【 医療法人社団 良伸会 臨港クリニック 】内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)検査

  • 〒662-0922 兵庫県西宮市東町2丁目1-10-2F

0798-23-1300

大腸カメラ(下部内視鏡)検査

大腸カメラ(下部内視鏡)検査

大腸カメラ(下部内視鏡)検査

胃のアイコン
胃カメラ検査について

最新機器を使い、胃カメラと同様に鎮静剤を使うことで、苦痛を感じず楽に検査を受けていただけるよう努めております。

検査すると同時に、ポリープ切除も行っています。

このような方に大腸カメラ検査を
お受けになることをお勧めします
  • 便潜血検査で陽性反応だった
  • 血便が出る
  • 便秘や下痢が続いている  
  • 便が以前に比べて細くなった
  • 切除していないポリープがある
  • 家族に大腸がんにかかったことがある人がいる
  • 大腸カメラ検査で分かる
    主な症状(病気)
  • 大腸がん  
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性大腸炎
  • 大腸内視鏡検査・手術

    検査項目 1割負担 2割負担 3割負担
    大腸内視鏡(観察のみ) ¥1,690 ¥3,380 ¥5,070
    大腸内視鏡(生検あり 1ヶ所) ¥3,010 ¥6,020 ¥9,030
    大腸内視鏡(生検あり 2ヶ所) ¥4,180 ¥8,360 ¥12,540
    大腸内視鏡(生検あり 3ヶ所) ¥5,350 ¥10,700 ¥16,040
    大腸内視鏡ポリープ手術(1ヶ所) ¥6,090 ¥12,180 ¥18,270
    大腸内視鏡ポリープ手術(2ヶ所) ¥6,950 ¥13,900 ¥20,850
    大腸内視鏡ポリープ手術(3ヶ所以上) ¥7,810 ¥15,620 ¥23,430

    ※ 診察代、採血代などは別料金になります。

    当院には、「苦しくない大腸内視鏡」を受けていだだくための
    2つの特徴があります。

    1

    麻酔法で眠っている間に行う方法

    いわゆる寝ている間に検査が終わったと言われる方法で苦痛が少ないのが特徴です。
    (お体の状態によっては医師の判断で他の方法へ変更させていただく場合がございます)
    検査後はリカバリールームで1時間以上安静にしていただきます。
    なお、検査当日はお車・自転車の運転はできませんのでご注意ください。

    2

    最新の検査機器を使用

    最新の内視鏡機器及び炭酸ガス送気システム使用により、検査中・検査後のお腹の膨満感を軽減。
    苦痛を感じず楽に検査を受けていただけるよう努めております。

    検査すると同時に、必要に応じポリープ切除も行っています。

    内視鏡洗浄・
    感染予防について

    当クリニックでは内視鏡の洗浄は、オリンパス社製の最新の洗浄消毒装置OER-4を使用し、内視鏡検査における感染予防に細心の注意を払っております。

    この装置は消毒液として、消化器内視鏡学会ガイドラインでも推奨されている過酢酸を使用しています。過酢酸は一般細菌、抗酸菌、ウイルスをわずか5分で消毒できるすぐれた特徴を持っております。

    この消毒装置はその消毒能力の高さ、安全性から病院では数多く使用されておりますが、ランニングコストの高さからクリニックで使用しているところは少数で、当クリニックでは患者様の感染予防に対する不安を解消するためにこの機器を採用しており、安心して検査を受けていただくことができます。

    検査の流れ

    • 1.検査予約

      診察時にご予約をお取りください。まずはご来院いただき、診察を行います。

      その際に内視鏡検査と使用薬剤の説明をさせていただきます。その後、検査日をご予約いただきます。
      大腸内視鏡検査は検査前の説明や食事の注意が必要なため、当日での検査は行っておりません。
      お電話にて検査のご予約も可能ですのでお問い合わせください。その場合は検査当日までに一度受診して頂く必要がございます。

      お薬について

      普段の内服薬があれば事前にお教え下さい(おくすり手帳をご持参ください)。
      抗凝固薬、抗血栓薬を服用されている方は、ご相談ください。なお、血糖を下げる薬は検査前に飲まないでください。

    • 2.検査前日

      お渡しする説明用紙の内容を参考にお食事してください。

      油分は消化が遅く、繊維は腸内に残りやすいので避けてください。また、検査前日に検査専用食をお食べ頂くこともあります。

    • 3.検査当日

      検査当日は朝から腸管洗浄液を飲んでいただき、腸の中をきれいにします。

      腸管洗浄液は基本的には家でお飲みいただきますが、不安な方やご高齢の方はクリニックでお飲みいただくことも可能です。

    • 4.前処置

      問診後、鎮静剤をご希望の方は点滴や注射を行います。

    • 5.検査

      内視鏡検査には検査医師のほかに必ず看護師や介助者が同室させて頂き、酸素濃度モニターや心電図モニターを装着し、検査を受けられる方の状態を常に観察します。

      大腸内視鏡検査は約30分程度ですが、患者様の状態により検査時間は前後いたします。
      鎮静剤を使用した場合は鎮静剤が覚めるまでの間、約1時間程度リカバリー室でお休みただきます。

    • 6.検査後の説明

      医師より写真をお見せしながら検査結果のご説明をさせて頂きます。
      (必要に応じて内服薬が処方されることもあります)。

      また、検査を受けられた方お一人おひとりに合わせて医師・看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます(検査後1時間程度は飲食または喫煙はおやめください。

    検査後の注意事項

    飲水、食事は通常検査終了後1時間後より、経鼻内視鏡では30分から1時間後より摂取してください。
    組織やポリープをとった方は、出血しやすい状態となっております。アルコールの摂取などは2-3日なるべく避けてください。
    色素内視鏡検査(インジゴカルミンなど)を受けた方は、便が青くなることがありますが問題ありません。
    当日の激しい運動はおやめください。
    またお風呂も長風呂を避け、シャワー程度にして下さい。
    もし、吐き気、腹痛、タール便(黒い便)が生じた場合や、気分が悪くなった場合には、当院まで連絡してください。
    鎮静剤を使用した場合、検査当日は、自動車、バイク、自転車を運転は行えません。 運転してご来院された方には鎮静剤を使用できませんのでご注意ください。


    ※検査当日に送迎サービスも行っておりますので事前にご相談ください。

    • 電話をする
    • 地図を見る
    • トップへ戻る